地域自殺実態プロファイル

 地域自殺実態プロファイルは、年1回、すべての都道府県、市町村に提供されます。地域自殺実態プロファイルには以下の情報が含まれており、自殺対策施策の立案と評価だけでなく、独自の分析のための基礎資料としても活用できます。

  • 地域の自殺者の特徴

  • 属性(男女、年齢、同居人の有無、雇用状況、自殺未遂歴など)別の自殺者数

  • 学生・生徒等の自殺者数

  • 自殺の手段別の自殺者数

  • 地域の事業所数、従業者数

  • 住民の悩みやストレスの状況、こころの状態

      等

 

地域自殺実態プロファイルを作成する根拠は自殺総合対策大綱にあります

 自殺総合対策大綱(平成29年)には、「国は、自殺総合対策推進センターにおいて、全ての都道府県及び市町村それぞれの自殺の実態を分析した自殺実態プロファイルを作成し、地方公共団体の地域自殺対策計画の策定を支援する。」とあります。いのち支える自殺対策推進センターが事業を継承した旧自殺総合対策推進センターでは、2017年より毎年、地域自殺実態プロファイルを作成し、すべての都道府県、市町村に提供してきました。2020年からは、当センターがその業務を引き継ぎます。

 

地域自殺実態プロファイルはすでに多くの都道府県、市町村に活用されています

 2018年に旧自殺総合対策推進センターが実施した調査では、地域自殺対策計画を策定した市町村の約9割が「地域自殺実態プロファイルを利用した」と回答しています。当センターでは、都道府県、市町村の自殺対策担当者などのご意見も参考にしながら、より使いやすい地域自殺実態プロファイルの作成に引き続き努めてまいります。

※地域自殺実態プロファイルは、一般には公開していません。